千代田図書館・日比谷図書文化館の歴史

千代田図書館の歴史

明治 20年 大日本教育会附属書籍館として
神田区一ツ橋通町の旧体操伝習所寄宿舎内に開館
明治 44年 東京市に委託され東京市立神田簡易図書館として開館
 (大正2年に一橋図書館と改称)
大正 12年 関東大震災により焼失翌年ニコライ堂敷地にバラックで開館
昭和 4年 一橋図書館から名称を駿河台図書館と改称
翌年(昭和5年)から一般公開開始
昭和 9年 内田嘉吉文庫受託
昭和 18年 市立駿河台図書館は都立となる(昭和25年から区立へ)
昭和 26年 図書館法により利用料が無料となる
昭和 30年 九段下に新館完成、千代田図書館として開館
平成 19年 区役所移転に伴い、九段第3合同庁舎9,10階に移転
4月より指定管理者による運営開始(5/7開館)

日比谷図書館(日比谷図書文化館)通史

平成24年8月14日作成

1904 明治37年 3月 東京市会が坪谷善四郎等提出の[東京]市立図書館設立建議を議決
1905 明治38年 7月 尾崎市長、東京通俗図書館建築設計案に関し、日本文庫協会に徴す。
和田日本文庫協会長より東京通俗図書館建築設計案に関して答申
1906 明治39年 4月 調査経費(ボーリング、樹木植替、杭打、設備調査等)
通俗図書館の設置位置日比谷公園内に確定
東京市立図書館建設費予算133,180円を市会で議決
東京市立図書館設立趣旨書が出される。
9月 東京市図書館準備事務所を市役所内に設置
10月 東京市日比谷図書館と命名
日比谷図書館備付図書選択標準公表
11月 図書館評議委員決定
文部大臣より日比谷図書館設置の認可
12月 東京市日比谷図書館を東京市立日比谷図書館と名称訂正
1908 明治41年 1月 東京市立日比谷図書館処務規定制定
8月 日比谷図書館建物落成(9月上旬移転)
9月 日比谷図書館移転
11月21日 東京市立日比谷図書館 開館(11/16 開館式)
1910 明治43年 6月 日比谷図書館館外図書帯出(貸出)開始
1923 大正12年 9月 関東大震災
閲覧室その他が破損したが、倒壊を免れる。
11月1日より平常通り開館。
1938 昭和13年 10月 日比谷図書館回収工事着手(昭和14年3月 改築落成)
1943 昭和18年 7月 東京都制施行に伴い東京都立日比谷図書館となる。
1944 昭和19年 資料の疎開と戦時買上
戦時中40万点に及ぶ資料を多西村(現在のあきる野市、志木市)に疎開。
更に愛書家や学者の貴重な蔵書の焼失を避けるため臨時予算により図書の買上を行う。
1945 昭和20年 5月25日 空襲により全焼(被害蔵書 209,040冊)
1949 昭和24年 11月 京橋仮館舎にて閲覧再開
1955 昭和30年 3月 改築起工式
1957 昭和32年 10月 東京都立日比谷図書館 新館落成開館
1961 昭和36年 4階部分を増築
1970 昭和45年 4月 東京都立日比谷図書館 視覚障害者サービス
1973 昭和48年 10月 東京都立図書館 児童資料室・子供室開室
平成14年 5月 東京都立日比谷図書館 児童資料サービスが多摩図書館に移管
2008 平成20年 10月 東京都・千代田区  東京都立日比谷図書館、千代田区移管について合意
2009 平成21年 3月31日 東京都立日比谷図書館 閉館
7月 千代田区へ移管
2011 平成23年 11月4日 千代田区立日比谷図書文化館 開館