一橋・駿河台図書館業務資料

千代田図書館では、当館の前身である東京市立一橋ひとつばし図書館・駿河するがだい図書館時代の業務資料137点を「一橋・駿河台図書館業務資料」と呼び、整理・保存しています。日直・宿直日誌、予算差引簿、閲覧料日計簿、図書購入関係綴など、大正12年から昭和30年頃までに作成されたこれらの資料からは、当時の図書館の様子を具体的に読み取ることができます。

戦前、公共図書館の創成期に、日比谷・深川・京橋とともに東京市立図書館の中心的な役割を担った一橋・駿河台図書館の業務資料は、日本の図書館史研究および出版文化史研究において、大変重要なものです。

これらの業務資料からは、当時の図書館広報誌「市立図書館と其事業」や東京市の公文書だけではわからない、細かなレベルでの事業進捗状況や運営の実態を知ることができます。また、これまでは図書館員の回想録に記載があるがその根拠となる一次資料が見つかっていなかった情報について、裏付けとなる資料が見つかるなど、図書館史研究の精度向上の面からも注目されています。

千代田図書館では、「千代田区立図書館出版関連資料コレクション構築方針」に基づき、研究者のご協力をいただきながら、資料の調査や目録作成などを行い、利用環境の整備を進めてきました。現在、全資料の画像をWeb上で公開しています。また、展示や講演会を通して、研究成果を広く紹介しています。

gyoumushiryou_A

 

デジタル画像のご利用について(閲覧・検索・印刷・研究利用)

現物のご利用について

出版関係資料コレクション構築方針

■関連展示および講演会

 ・過去の企画展示と講演会

■関連発行物

gyoumushiryou_pamphlet

パンフレット ※冊子体の館内配布を行っています。

千代田図書館所蔵「一橋・駿河台図書館業務資料」紹介パンフレット 2016年10月作成

 

 

 

一橋・駿河台図書館業務資料の主なグループ分けと資料数

gyoumushiryou_photo 1. 日誌類 44点/大正12年~昭和31年

 2. 予算差引簿 22点/大正11年~昭和19年

 3. 各種図書目録 6点/大正12年~昭和4年

 4. 図書購入関係書類 16点/昭和3年~11年

 5. 蔵書月報 1点/昭和7年~17年

 6. 閲覧料日計簿 23点/昭和5~21年

 7. 令達・報告・諸願届類 12点/大正13年~昭和25年

 8. その他 13点/大正13年~昭和31年

『千代田図書館八十年史』と一橋・駿河台図書館業務資料について

gyoumushiryou_80nenshi『千代田図書館八十年史』(以下、『八十年史』)は、明治20(1887)年に千代田図書館の前身である大日本教育会附属書籍館(しょじゃくかん)が創立されてから80年になるのを記念して、昭和43(1968)年に千代田区が発行しました。明治から昭和まで、それぞれの時代における社会事情との関係性を解説しながら、多数の業務資料にもとづいてサービスの内容・施設の様子・利用状況などが紹介されているため、千代田図書館のみならず、日本の図書館の歴史を知るうえでの基本書とも言われています。
 その『八十年史』の後記には、千代田図書館(旧館)の倉庫から発見された業務資料を参考にして本書の執筆が行われたと記されています。

「昭和42(1967)年5月に行われた特別整理(曝書)のさい、それまで種々事情があって使えなかった倉庫の取片付けをしたところ、関東大震災前後からの、一橋-駿河台図書館時代の沿革が明らかになるような一山の資料が発見された。……中略……この資料を利用し……中略……図書館史を完成させたならば、都内最古の公共図書館の記念事業としては、もっとも適当なものであろう」『千代田図書館八十年史』後記より

 その後、それらの業務資料の行方はわからなくなっていましたが、平成25(2013)年、移転後の千代田図書館の閉架書庫の奥から、これらの業務資料が入った段ボール2箱が発見されたのです。このことは千代田図書館の関係者のみならず、図書館史の研究者をおおいに驚かせました。ただ、『八十年史』で紹介されている資料すべてが発見されたわけではなく、依然行方のわからない業務資料もあります。