『偕成社五十年のあゆみ』目次

『偕成社五十年のあゆみ』(偕成社、1987年)

【目次】

第一章 創業から終戦まで―9

 創業のあとさき

 『娘時代』ベストセラーとなる

 評価された『印度』の出版

 

第二章 児童図書出版ひとすじに―23

 作れば売れた戦後

 <偉人物語文庫>と<図説文庫>

 「少女サロン」の顛末

 小学低・中学年図書の充実

 翻訳出版に力を入れる

 

第三章 新しい分野の開拓―65

 本格的な絵本に取り組む―66

 スタートを切った<ひろすけ絵本>

 <世界の幼年どうわ>の成功

 <カラー版・世界の幼年文学>のヒット

 <ジュニア博物館>と<創作どうわ>

 創作児童文学に新生面を拓く―93

 『大きい1年生と小さな2年生』

 オリジナル絵本の出発

 文学賞をさらった創作文学シリーズ

 『どろぼうがっこう』と『ひとすじの道』

 <カラー自然シリーズ>

 創作童話・創作文学の盛況

 ボローニア大賞と<偕成社文庫>の発刊

 

第四章 出版理念の実現をめざして―133

 <障害者を理解する子どもの本>―134

 『指で見る』と『ボスがきた』

 <ノンタン>の大ヒット

 心の本『サンタクロースっているんでしょうか?』

 国際的視野に立って―166

 期待されるようになった日本

 アジアを理解する子どもの本

 「本」がとりもつ人間の絆―200

 

偕成社受賞作品―209

 日本国内の受賞図書

 海外の主な受賞図書

偕成社主催

月刊「絵本とおはなし」月刊「MOE」受賞者―220

偕成社入社社員―224

『偕成社五十年の歩み』刊行にあたって…今村 廣―228