主婦の友社

『主婦の友社八十年史』・『主婦の友社八十年図書総目録』
(主婦の友社、1996年)

会社名

主婦の友社

社史名

『主婦の友社八十年史』

   資料番号:130233356 請求記号:出版業/023シ

『主婦の友社八十年図書総目録』

   資料番号:130233430 請求記号:出版業/023シ
   配架場所:千代田図書館「出版にまつわる本棚」

社史紹介

【会社紹介】

  東京、神田にある婦人雑誌の老舗出版社。
  大分県出身の石川武美(1887-1961)は、大正5年(1916)に婦人界から独立し、東京家政研究会を興し、大正10年(1921)社名を「主婦之友社」に改称し、大正13年(1924)に株式会社に改組、さらに昭和28年(1953)社名を「主婦の友社」、誌名を「主婦の友」とした。
  大正6年(1917)庶民的な主婦の生活の実用的な記事を掲載した婦人雑誌『主婦之友』を創刊する。庶民層の主婦を対象にする新しい視点により、『主婦之友』は創刊3年で業界一位の発行部数を有するようになる。
  なお、『主婦の友』は代表的な婦人雑誌であったが、平成20年(2008)に休刊し創刊から91年の歴史に幕を下ろした。
  また、創業者石川武美は、昭和16年(1941)財団法人文化事業報国会(現・石川文化事業財団)を設立し、読者から得た利益を購読者である女性に還元したいという趣旨で、昭和22年(1947)女性を対象とするお茶の水図書館を開館した。

【内容紹介】

  創業八十周年の記念事業として刊行。『主婦の友の五十年』、『主婦の友の六十年』をすでに刊行していたが、それに継続する形ではなく、新たに加筆訂正を行い、創業から平成8年に至る80年間の歩みを再編纂している。
  成功、発展の記述にかたよらず、失敗、苦心の事実についても記述している。
  年譜形式で叙述され、社史関係年表、社会・業界関係の二本立てで構成されており、時代背景から主婦の友社の出版活動を見ることができる。
  巻末に大正6年3月号の創刊号から平成5年1月号まで80年間の『主婦の友』の表紙を掲載。
  時代時代の美人を登場させ、近代日本の婦人風俗の変遷を知る上での資料としても価値が高い。
  また、別巻として『主婦の友社八十年図書総目録』があり、創業から平成8年7月末日までの主婦の友社刊行図書を年代順に配列している。巻末に索引あり。

内容注記

  【印刷】凸版印刷株式会社
  【資料】巻末の資料
       ・「主婦の友」の表紙八十年
       ・石川武美年譜と著作
       ・石川数雄年譜と著作、医学実績など
  【図版】本文中
       ・図版多数
  【主要関連文献】p374
  【その他】別冊『主婦の友社八十年図書総目録』

目次

関連文献

参考リンク