【開催済み】展示「泉鏡花 ― その生涯と作品 ―」

  泉鏡花は、36歳から65歳で亡くなるまでの約30年間を麹町土手三番町、下六番町で過ごした千代田区にゆかりの深い文学者です。
 本展は、鏡花生誕140周年を記念し、これまで泉鏡花の生涯や作品にあまり馴染みのなかった方にも楽しんでいただける展示です。鏡花の人生に影響を与えた人物や出来事を追いながら、その人物がモデルとして描かれている作品や、その人物が関わった作品をパネルで紹介します。また、7月29日~8月28日の期間限定で、石川近代文学館所蔵の鏡花の直筆葉書や、俳優喜多村緑郎の「鏡花さんの思出」の原稿など貴重な資料も展示します。
 鏡花の人生や交友関係を知ることで、作品の味わいも変わってくることでしょう。また、生誕140年を記念して、各地で展覧会やイベントが開催されます。それらを楽しむためにも、鏡花の生涯と作品をふり返ってみてはいかがでしょうか。

 

関連展示『絵本 化鳥』原画展 場所:千代田図書館9階

Šî–{ CMYK泉鏡花文学賞制定40周年記念プロジェクトによって制作された鏡花初期の幻想小説の絵本『絵本 化鳥』。このイラストを手掛けたのは気鋭のイラストレーター・中川学氏。『絵本 化鳥』の原画を千代田図書館内4か所の壁面に展示します。また、絵本の一場面のジオラマ展示や動画作品の上映も行います。 

会期 2013年7月29日(月)~ 9月20日(金)
場所 千代田図書館9階=展示ウォールほか
主催 千代田区立千代田図書館/泉鏡花記念館
協力 鎌倉市鏑木清方記念美術館/神奈川近代文学館/泉屋宏樹(iD.)/中川学/石川近代文学館
問い合わせ 千代田図書館 03-5211-4289・4290

関連イベント

関連イベント① トークセッション「金沢から東京・番町へ」こちら

関連イベント② セミナー&ビブリオバトルこちら
         第1部:展覧会セミナー「清方が描いた鏡花の世界」
         第2部:泉鏡花 de ビブリオバトル

  

同時開催

としょかんのこしょてんvol.62「華麗なる鏡花本の世界」

toshokosho62_1装丁や口絵が美しい「鏡花本」 と呼ばれる鏡花の初版本や作品集、また、鏡花のサイン入り限定本などを展示します。詳細はこちら

会期:2013 年7 月29 日(月)~9 月20 日(金)
場所:千代田図書館9 階=出張古書店コーナー