【開催済み】講演会「本当に不運だったの?『方丈記』の作者・鴨長明の人生を読み解く」

企画展示「知ったらハマる古典文学 ~あの話ってこんなストーリーだったの!?~」の関連講演会です。

koten_tenji_leaflet_ura講演会「本当に不運だったの?『方丈記』の作者・鴨長明の人生を読み解く」

鴨長明の人生には挫折が多くありました。下鴨神社の神職の家に生まれるも、跡目争いに破れ失職。長く希望していた神職につく機会が訪れるも、直前で白紙に戻ってしまいます。その後、京から遠く離れた鎌倉にわざわざ赴いたのも、何らかの就職活動のためかと言われていますが、結局、都に戻ってきています。

『方丈記』でも、「わが身の不運を悟った」という表現が見られます。不運だといわれることもある長明の人生ですが、彼にまつわる逸話から客観的にみると、不運ばかりではなかったことがわかります。当時の時代背景を踏まえ、長明の人生を読み解いていきます。

 

講師:磯水絵さんプロフィール

二松学舎大学文学部国文学科教授。博士(文学)。専門は中世説話文学、随筆。主編著は、『説話と音楽伝承』(和泉書院)、『『源氏物語』時代の音楽』(笠間書院)、『大江匡房』(勉誠出版)、『今日は一日、方丈記』(新典社)等。

講演録こちら

日時 2014年4月18日(金)18:00~19:30(開場17:30)
会場 千代田図書館9階=特設イベントスペース
席数 40席(事前申込不要・当日先着順・立見可)
参加費 無料
講師 磯 水絵(いそみずえ)さん/二松学舎大学文学部 教授
共催 NPO法人神田雑学大学
問い合わせ 千代田図書館企画担当 03-5211-4289・4290