図書館はどんなところ?

どんなところなの?

公共(こうきょう)図書館(としょかん)は、だれでも無料(むりょう)でつかえます。図書館にある本は自由(じゆう)()ることができます。また、ほとんどの本は、かりることができます。図書館のひとは、図書館のつかい方や、なにか調(しら)べたいときに、どの本を()めばいいかを(おし)えてくれます。もしも図書館に読みたい本がなくても、もっている図書館をさがしてくれます。

どんな本(資料(しりょう))があるの?

図書館には、本だけでなく、雑誌(ざっし)新聞(しんぶん)、DVDやCDなどいろいろあります。このような図書館で読んだり見たりできるものをまとめて「資料」とよびます。

図書館にある資料

・本(ものがたり、百科ひゃっか事典じてん図鑑ずかん絵本えほんなど)
・新聞
・雑誌
・視聴覚(CD、DVD、ビデオ)
・紙芝居

本はどんなふうにならんでいるの?

図書館の本のならび(かた)のルールを知っていると、本をはやくさがせます。

1.ラベル

本の()()ってあるラベルには数字(すうじ)文字(もじ)がかいてあります。
このラベルが、ならび方の目印(めじるし)です。

2.分類(ぶんるい)方法(ほうほう)

ラベルにかいてある数字を「請求(せいきゅう)記号(きごう)」とよんでいます。数字は0~9のテーマにわかれています。その0~9のテーマを、さらに10のテーマにわけています。このわけ方を「日本(にほん)十進(じゅっしん)分類法(ぶんるいほう)(NDC)」といい、日本のおおくの図書館で使われています。なので、(うえ)()のラベルは「48」なので「動物(どうぶつ)」についてかかれている本ということになります。

3.(なら)(かた)

本だなの本は、「(ひだり)から(みぎ)へ、(うえ)から(した)へ」と請求記号(せいきゅうきごう)順番(じゅんばん)にならんでいます。

どうやって本をさがすの?

1.図書館の検索機(けんさくき)でさがす

図書館には本をさがすためのコンピュータがあります。これを「検索機」といいます。さがしている本の手がかりを入力(にゅうりょく)する(かきこむ)と、その手がかりにあてはまる本のリストが出てきます。本の手がかりとは、本の内容(ないよう)(件名(けんめい))、本の題名(だいめい)、本をかいた人(著者(ちょしゃ))、本をだしたところ(出版社(しゅっぱんしゃ))、本がでた(とし)(出版(しゅっぱん)(ねん))などです。ぜんぶわからなくても、いくつかがわかっていれば、本をさがしやすくなります。

2.本だなにいってさがす

本だなをみてみましょう。ラベルの数字をみると、おなじ仲間(なかま)の本が、ちかくにならんでいるのがわかります。

3.図書館のひとにきく

公共図書館には、調べもののお手伝(てつだ)いをする「レファレンス」という仕事(しごと)があります。なにか調べたいときや、さがしている本が見つからないときには、いつでも図書館のひとにきいてください。ただし、学校(がっこう)宿題(しゅくだい)のこたえは(おし)えられません。