<日比谷オペラ塾>2020/2021
加藤浩子が語る特別連続講座(全2回)
――名作オペラで知る歴史「前編」

<日比谷オペラ塾>2020/2021
加藤浩子が語る特別連続講座(全2回)
名作オペラで知る歴史 前編「トスカ」とナポレオン戦争

特定の時代や事件を背景にした「歴史オペラ」とされるオペラは数多くあります。背景になっている時代そのものも興味深いですが、作品が成立した時代と重ね合わせると、その作品に秘められた意味が浮かび上がります。例えばワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は、16世紀のニュルンベルクを舞台にしたオペラですが、ワーグナーが夢見た「理想のドイツ」の姿が描かれた作品でもあります。ワーグナーが生きた時代、ドイツは統一への道を歩いていたのですから。またプッチーニの「トスカ」は、愛憎劇と受け止められがちですが、「歴史オペラ」という側面から見ても大変良くできた作品であり、作品の成立した時代のきな臭さも無視できません。

今回の講座では前後編にわたってこの2作を取り上げ、「歴史オペラ」の面白さ、奥深さをお伝えします。


■前編「トスカ」とナポレオン戦争
2021年6月13日(日曜日)午後2時~午後3時30分(午後1時30分開場)

■後編「ニュルンベルクのマイスタージンガー」が描くドイツの理想
2021年6月27日(日曜日)午後2時~午後3時30分(午後1時30分開場)

※1回のみのお申し込みは受け付けておりません。

※今後の新型コロナウイルス感染拡大状況により、変更となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

カテゴリ:
芸術

基本情報

開催日時

2021年6月13日(日曜日)
午後2時~午後3時30分

開催場所

日比谷図書文化館

開場時間

午後1時30分

会場

地下1階
日比谷コンベンションホール(大ホール)

主催

フェニーチェ劇場友の会
(千代田区文化芸術協会所属団体)

共催

千代田区立日比谷図書文化館

講師:加藤 浩子
(音楽評論家)

ヴェネツィアのフェニーチェ劇場の客席から

詳細情報

定員 60名(事前申込順、定員に達し次第締切)。
※会場定員は207名ですが、新型コロナウイルス感染防止対策として、ソーシャルディスタンス確保のため定員を少なく設定し、募集を行います。
参加費 3,000円(全2回分。初回に一括でお支払いください。)
※1回のみのお申し込みは受け付けておりません。
お申し込み方法 お申し込みフォーム、電話(03‐3502‐3340)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
*小学生以下のお子さまが参加される場合、保護者の同伴が必要です。(同伴者の方にも参加費が必要です)
ご来館の皆様へのお願い ・館内では必ずマスクをご着用ください。

・ご入館時には手指の消毒、職員による検温、入館票のご記入(「貸出券番号」または「名前と電話番号」)をお願いします。
お問い合わせ 日比谷図書文化館 03-3502-3340(代表)