借りる・返す

借りる

資料を借りるときは貸出券が必要です。借りる資料と貸出券をカウンターまでお持ちください。

千代田図書館と日比谷図書文化館には自動貸出機がございます。

雑誌・新聞、地域資料、参考資料など一部の資料は貸出ができません。館内でご利用ください。

資料区内在住者区外在住者
図書 雑誌 紙芝居 10冊2週間 5冊2週間
CD 3点2週間 3点2週間
DVD ビデオ 2点2週間 2点2週間

貸出期間をのばす

次に予約のない資料に限り、貸出期間内であれば、1冊につき1回のみ1週間延長することができます。返却期限の当日までに次のいずれかの方法でお手続きください。

  1. 図書館のカウンターまたは資料検索機
  2. 図書館ホームページ内のマイページ
  3. 各図書館へ電話

ホームページと資料検索機から手続きされる場合は、事前にパスワードの登録が必要です。

パスワードの登録

ほかの自治体の図書館から取り寄せた資料と、すでに返却期限を過ぎた資料は、返却期限の延長ができません。

返す

千代田区立図書館の資料は、すべての千代田区立図書館、ちよだパークサイドプラザ区民図書室、男女共同参画センターMIWで返却できます。

  • 貸出券は不要です。
  • 開館中はカウンターへ直接お返しください。
  • 閉館時はブックポストをご利用ください。

ただし、下記の資料はブックポストへ入れず、直接カウンターへお返しください。

  • CD、DVD、ビデオなどの視聴覚資料
  • 複数冊がセットになったコミックや大型本

※ほかの自治体の図書館から取り寄せた資料は、資料を受け取った館へ返却してください。

ブックポストの場所

各館のブックポストの場所は、下記の館名をクリックしてください。

返却期限通知メールを設定できます

マイページ内で「返却期限通知」を設定できます。返却日の1日前・3日前・7日前の通知を設定でき、通知日の午前10時に配信されます。

ご自身で設定しない限り、返却期限通知は届きません。

返却延滞に関して

返却期限から14日を経過した場合は、資料の予約ができなくなります。
返却期限から30日を経過した場合は、資料の貸し出しができなくなります。

資料を紛失したり、破いたり、濡らしたりしてしまったときは

借りた本などをなくしたり、汚したり、濡らしたりしてしまった場合は、すぐに図書館へご連絡ください。

壊れてしまった資料は、専用の道具で修理いたしますので、ご家庭では修理をせずに、そのままの状態で図書館までお持ちください。

紛失された場合や図書館で修繕できない状態の場合は、下記の通り、同一資料か同等資料をご用意いただきます。

※未成年の方が借りた資料が、代替品購入の対象になった場合には、保護者の方にご連絡することがあります。

図書・CD 同じ資料(購入できない資料の場合は、図書館が指定した資料)
雑誌 同じ雑誌(購入できない雑誌の場合は、同じ雑誌の最新号)
DVD・ビデオ

図書館が注文したDVDやビデオ
※映像資料は、事前に図書館資料としての使用許可が必要なため、市販されているものは図書館で使用できません。また、著作権料が含まれるため、市販価格よりも高額になることをご了承ください。

カセットテープ 図書館が指定したCD(カセットテープと同額以内)

団体貸出

千代田区内を活動拠点とする読み聞かせグループなどの一般団体を対象に、千代田図書館、日比谷図書文化館、四番町図書館で資料の貸し出しをしています。

団体貸出

千代田区内に所蔵のない本を借りる

都立図書館や他の自治体に所蔵があり、他の図書館への貸出ができる資料の場合は取寄せができます。千代田図書館、日比谷図書文化館、四番町図書館、昌平まちかど図書館、神田まちかど図書館のいずれかの窓口で予約カードにご記入ください(インターネットからの申し込みはできません)。取り寄せた資料は、申し込みをした図書館で受け取り・返却をしてください。