特別展「アートになった猫たち展」関連講演会
黒猫奇譚(くろねこきたん)
今も昔も猫好きな芸術家たち~夢二・漱石から国芳まで~

特別展「アートになった猫たち展」関連講演会
黒猫奇譚(くろねこきたん)
今も昔も猫好きな芸術家たち~夢二・漱石から国芳まで~

4月26日(金曜日)より開催の日比谷図書文化館特別展「アートになった猫たち展」には江戸時代の愛猫家の絵師・国芳をはじめとして、近代の竹久夢二、藤田嗣治にいたる愛らしく、神秘的な様々な猫を描いた作品が展示されています。

本講演会では、本特別展の監修者であり、所蔵者でもある中右氏が、夢二、漱石や国芳など猫を描いた芸術家と猫の魅力を語ります。

特別展「アートになった猫展」

日比谷図書文化館特別展「アートになった猫たち展 今も昔もねこが好き」
・会  期:4月26日(金曜日)~6月23日(日曜日)
      ※休館日 5月20日(月曜日)・6月17日(月曜日)

※詳しくは特別展「アートになった猫展 今も昔もねこが好き」ホームページをご確認ください。
カテゴリ:
芸術

基本情報

開催日時

2019年5月16日(木曜日)
午後7時~午後8時30分

開催場所

日比谷図書文化館

開場時間

午後6時30分

会場

地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)

講師:中右 瑛(本展監修者、国際浮世絵学会常任理事)

■中右 瑛(なかう えい)
1934年生まれ。国際浮世絵学会常任理事。

歌川国芳「猫の百めんそう」1841年頃(前期展示)
竹久夢二「黒猫を抱く女(柳屋版)」1920年

詳細情報

定員 200名(事前申込順、定員に達し次第締切)
参加費 500円
お申し込み方法 お申し込みフォーム、電話(03‐3502‐3340)、ご来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
*小学生以下のお子さまが参加される場合、保護者の同伴が必要です。(同伴者の方にも参加費が必要です)
お問い合わせ 日比谷図書文化館 03-3502-3340(代表)

関連リンク

イベントお申し込み

メールフォームからイベントお申し込みを受け付けています。