特別研究室 企画展示関連講座
クリエーターが語る 日本統治期台湾の建築の魅力と建築模型ができるまで

特別研究室 企画展示関連講座
クリエーターが語る
日本統治期台湾の建築の魅力と建築模型ができるまで

日本統治期の台湾で建造された建築物には今もなお活用されているものが多くあります。それらの建築の「正面だけを切り取る」というコンセプトで模型を制作する講師が、制作のきっかけや今なお日本統治期の建築に関心を寄せる台湾の人々との出会い、また、クリエーターの立場から考える台湾の建築の魅力についてお話しし、模型制作に使用する材料や模型制作のための資料収集の仕方、図面の描き方など制作工程についても詳しく紹介します。

「クリエーターが語る日本統治期台湾の建築の魅力と建築模型ができるまで」

※こちらの講座は「新型コロナウイルス感染拡大防止策」として中止した2020年3月7日(土曜日)の講座です。

※今後の感染拡大状況により、変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

カテゴリ:
芸術

基本情報

開催日時

2020年7月19日(日曜日)
午後2時~午後3時30分

開催場所

日比谷図書文化館

開場時間

午後1時30分

会場

地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)

講師:今村 仁美(アトリエ イマージュ代表)

■今村 仁美(いまむら さとみ)
1969年大阪市生まれ。修成建設専門学校卒業後、設計事務所勤務などを経て、1995年アトリエ イマージュ(建築模型制作事務所)を設立。2008年頃より、記憶に残る建築模型とは何かを考え始め、現在の表現方法を考案。2012年から、福岡や熊本、2017年には台北で個展を開催。著書に『図説 やさしい建築法規』(共著・学芸出版社)など。

「台湾総督府」建築模型 制作:今村仁美(アトリエ イマージュ)撮影:森賢一(Graphes)

詳細情報

定員 50名(事前申込順、定員に達し次第締切)
※会場定員は207名ですが、新型コロナウイルス感染防止対策としてソーシャルディスタンス確保のため定員を少なく設定し、募集を行います。
参加費 1,000円(千代田区民・学生500円)※千代田区民の方は住所が確認できるもの、学生の方は学生証をお持ちください。
お申し込み方法 お申し込みフォーム、電話(03‐3502‐3340)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
*小学生以下のお子さまが参加される場合、保護者の同伴が必要です。(同伴者の方にも参加費が必要です)
ご来館の皆様へのお願い ・館内では必ずマスクをご着用ください。

・ご入館時には手指の消毒、職員による検温、入館票のご記入(「貸出券番号」または「名前と電話番号」)をお願いします。
お問い合わせ 日比谷図書文化館 03-3502-3340(代表)

関連リンク